人から家族へ 家族から地域へ 地域から社会へ
福祉法人 豊悠福祉会「祥雲館」

[祥雲館スタンダード]

ファンレストテーブル、ファンムーブといった器具の導入、楽技介護の実践により、利用者が自らの意思で行動し、残存機能がフルに発揮される機会を大切にし、介護職員にとっては移乗介助や入浴介助、排泄介助での負担軽減に取り組んでいます。

『バリデーション』による認知症ケア

バリデーション技法の特徴は、「すべての行動に意味がある」として捉え、なぜ騒ぐのか、なぜ徘徊するのかをご利用者さんが歩んできた人生に照らして考えたり、共に行動したりするというもので、「共感して接すること」に重点を置いた技法です。認知症高齢者を変えるのではなく、介護者自身が変わり、介護を受ける側の世界を理解し心を通わせることを目指しています。

人生のラストシーンをその方らしく

住み慣れた場所で、馴染の方に囲まれて、旅立ちたいという利用者の想いを実現するため、施設・在宅を問わず、ターミナルケアの実践に取り組んでいます。
死を忌み嫌うのではなく、生を包含するものと捉え、その方らしい生き方の最後を飾るよう取り組んでいます。

リーダー育成の仕組み

経験、年齢にかかわらず、自薦・他薦により、リーダー育成プログラムである、「HUMAN塾」や「未来塾」へ登用し、リーダーシップ、マネジメント、地域福祉等への知見を深め、将来のキャリアへの備えを明確にしています。

ページトップへ

社会福祉法人 豊悠福祉会

Copyright(C)  社会福祉法人 豊悠福祉会 All Rights Reserved.